ワードプレスのカスタマイズや実装方法を忘れぬうちに

wordpressやってみた

wordpressのプラグイン紹介

新しいWP5~のエディターを昔のエディターに戻す

投稿日:

ワードプレスをバージョン5以上にすると、一番変わる大きな物はエディターの仕様です。

始めビックリします。えぇえ?どうするん?みたいな。

新しいワードプレスは「ブロックエディター(Gutenberg)」というやつらしいです。
でも、変わりすぎてついていけない感があります。

変化するのは仕方のないことなのですが、自分にとってブログをする目的は記事を書くこと。

いち早く書きたいのに、新しい仕様に振り回されて時間をかけるのがイヤだったので、以前の慣れた仕様に戻しました。

プラグインで戻す方法はダッシュボードでもアナウンスがあるけれど、もしエディタープラグインの「TinyMCE Advanced」をすでに使っているのなら、新規にプラグインを入れる必要はなく、TinyMCE Advancedだけで元のエディターに戻せます。

1.ダッシュボードの「設定」→「TinyMCE Advanced」

2.「高度なオプション」のところの「Replace the Block Editor with the Classic Editor」にチェックをいれて保存します。

これで一度記事一覧なんかを開くと、元に戻っていると思います。

どうか慌てずに^^!

 

-wordpressのプラグイン紹介
-

Copyright© wordpressやってみた , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.